キャリアアップ

コーヒーの資格が取れる通信講座の口コミ!どこがいいのか徹底的に比べました!

「コーヒーの資格に興味があるけど通信講座で取得できるの?」

「どの講座が自分に合ってるの?」

「コーヒーの資格を通信講座で取って、将来の役に立つの?」

こんな疑問やお悩みをお持ちではありませんか?

コーヒーの資格は、近年、通信講座でも資格が取れるようになってきました。

ナミ
ナミ
資格マニアの私が通信講座別の口コミを調べまくりました!

今回の記事は

  • コーヒーの資格が取れる通信講座の評判
  • コーヒーの資格を取得した人が活躍できる場所
  • どんな人に向いているか

について解説します。

コーヒー好きなら一度は気になる資格!

最後まで読んでいただければ、通信講座で勉強できる内容や損をしない資格の活かし方が分かります。

ぜひお付き合いください。

コーヒーの資格が取れる通信講座の口コミを見てみよう

コーヒーの資格は気になるけど通信講座だと続くか不安…。

通学の学校じゃないのにちゃんと資格は取れるの?

コーヒーの資格は、まだまだ知っている人が少ない資格。

資格が取得できる通信講座も限られています。

今回は資格を取りやすい通信講座の口コミを調べました。

表は、口コミを調べた通信講座と、勉強できる資格の一覧です。

通信講座名 金額 学習期間 資格名
ラーキャリ 60,500円 4ヶ月 コーヒープロフェッショナル
ユーキャン 69,000円 4ヶ月 UCCドリップマイスター
formie 38,500円 1ヶ月 コーヒースペシャリスト
キャリカレ 86,900円 4ヶ月 カーサバリスタ
日本スペシャルコーヒー協会 39,000円 3ヶ月 コーヒーマイスター
認定:日本安全食料料理協会 試験のみ10,000円 コーヒーソムリエ
ハッピーチャレンジゼミ 64,000円 9ヶ月 コーヒーコーディネイター

1つずつ確認してみましょう。

趣味にも仕事にも活かせて自宅受験できる「ラーキャリ」

趣味としても仕事としても役立つ勉強ができる資格なら通信講座「ラーキャリ」がおすすめです。

ミルやコーヒー豆などの教材が付いたコースとテキストだけのコースを選ぶことができます。

ラーキャリでは、コーヒーの歴史から豆の種類や味、ミルでの挽き方や淹れ方などを学「コーヒープロフェッショナル資格」の勉強ができます。

コーヒーが好きなので自宅で美味しいコーヒーが飲みたくて資格を取りました。

テキストに書いてあるコーヒー豆の種類を実際に試せるのがよかったです。

今では自分の好きな種類を見つけるのが楽しいです。

(神奈川県 女性)

引用:ラーキャリ

コーヒーが好きなのですが、自宅で淹れるコーヒーはあまりおいしくない…。

カフェに行くと美味しいのになんで?といつも考えていました。

コーヒーの資格を勉強すれば美味しいコーヒーが自宅でも飲めるのではないかと挑戦してみました。

付属品についてくる産地の違うコーヒー豆をミルで好みの粗さにすることが出来、味の違いを楽しめるようになりました!

今ではコーヒーの雑学を友達に披露しています!

美味しいコーヒーを淹れられるようになってからさらに自宅での時間が豊かになった気がします。

(徳島県 女性)

引用:ラーキャリ

ラーキャリでは、同じ受講料で「コーヒープロフェッショナル資格」の勉強と一緒にカフェの開業や運営に関する知識も学べる「コーヒー&マネージメント資格取得講座」もあります。

小さいころからカフェをやりたくてずっと夢を持っていました。

結局、まったく違う仕事をしていたのですが、どうしても夢を諦めきれずにいました。本格的にカフェを開業するにも手段がわからず、この資格を取ればなにか変わるかもしれないという軽い気持ちで受講しました。

テキストには、カフェ開業に必要な提出物も掲載されていたので、実際に勉強しながら進めていくことが出来ました。

おかげで資格取得とともに自分のカフェをOPEN。夢を実現させる原動力になりました!

(京都府 女性)

引用:ラーキャリ

他にも、ラーキャリの「コーヒープロフェッショナル資格」や「コーヒー&マネージメント資格取得講座」を取得したことで

  • コーヒー関連会社への就職できた
  • カフェを営業しているので顧客との信頼関係ができた
  • 趣味の延長としてコーヒーを楽しめるようになった

という声がありました。

ラーキャリは受講期限がないので、特に忙しい人や、焦らず1人でじっくり学びたい人にピッタリです。

メールで質問する機能があるので、分からないこともすぐに問い合わせることができるのも便利です。

ラーキャリについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

ラーキャリ7つの特徴とは?忙しくても焦らずに資格取得できる秘密を公開

ラーキャリ7つの特徴とは?忙しくても焦らずに資格取得できる秘密を公開 「忙しいけど今のままではいけない気がする。」 「趣味を仕事にしてみたいけど、どうやったらいいか分からない。」 「忙し...

また「コーヒープロフェッショナル資格」は自宅で受験できる資格なので

  • 仕事の休みを取りずらい
  • 育児中で子供を預けにくい

という人でもチャレンジしやすい資格です。

将来コーヒーの知識で就職、転職、開業をしたい人、趣味をもっと楽しみたい人、どちらにも向いています。

\自宅で資格試験が受けられる/

ラーキャリの講座を詳しく見る


試験を受けなくても資格が取得できるユーキャン

CMでよく見る「ユーキャン」でも「UCCドリップマイスター」というコーヒーの資格が取れます。

ユーキャンの「UCCドリップマイスター」の場合、「UCC匠の珈琲講座」の「ドリップマスターコース」を受講し、最後の添削課題まで出すことで試験を受けずに資格を取得することができます。

ユーキャンの「UCC匠の珈琲講座」は、どちらかというと趣味を深めるためや、すでにカフェや喫茶店を開業していてさらに勉強したい人が多い講座です。

コーヒーの歴史はもちろん、とくに、ペーパードリップでおいしく淹れる方法を詳しく勉強できます。

教材として6種類のコーヒー豆も送られてくるので、豆による味の違いを学ぶことができるのも特徴的です。

試験を受けずに資格を取得したい、ペーパードリップを極めたい人におすすめの通信講座です。

\分割払いなら月々5,800円から/
ユーキャンの講座を詳しく確認する


一番手軽に資格が取れるformie

スマホ1つで気軽に勉強したい人は、通信講座「formie」の「コーヒースペシャリスト資格」という資格もおすすめです。

コーヒーの資格が取れる通信講座の中では一番安く、スマホやパソコンで勉強も試験も行うことができるのでスキマ時間に勉強することができます。

自分のこれまでの知識が全くデタラメだった事に、この講座を受けて初めて気づきました

例えばあまり気にしてなかったコーヒーの選び方の知識とか栄養学。

今回の講座ではその辺りの知りたいことが書いてて楽しく勉強が出来ました。

合格した今、自分好みの豆選びから前々から興味があった自家焙煎にも自信を持ってやってみたいと思います。

こんなに楽しくコーヒーの勉強出来る「コーヒースペシャリスト講座」は、コーヒー好きな全ての方にオススメの講座だと思います。

(男性)

引用:スマホで資格取得ならformie

formieでは、コーヒーの基礎知識とデザインカプチーノやシロップやリキュールを使ったアレンジコーヒーなども学べます。

ただし、やや初級者レベルの知識が多いので、コーヒーの知識を専門的に勉強したい人にとっては物足りなさを感じるという口コミもありました。

自宅でもっとコーヒーを楽しみたい、家族や友人との時間をより良いものにしたい、という人向けの講座です。

\1ヶ月でコーヒーの資格が取れる/

formieのコーヒー講座を確認する


紅茶の資格も一緒にとれるキャリカレ

資格のキャリカレという通信講座では「カーサバリスタ」というコーヒーの資格を取得できます。

コーヒーの淹れ方はもちろん、コーヒーに合うフードのレシピやアレンジドリンクを学べるのが特徴です。

また、一緒に紅茶の資格ティースペシャリストの勉強できます。

必要な器具が揃っているので、完全に最初から始める人が始めやすいです。

DVDもついてるので細かいところも分かりやすかったです。

開業を目指す人はこれだけだと足りないでしょうが、趣味なら十分です。

(30代 女性)

引用:資格のキャリカレ

キャリカレの講座は、初心者向けの内容が多いので、趣味を極めたい人やすでにカフェで働いており、腕を磨きたい人が受講する傾向が強いようです。

開業をしたい人は、他にも独学で勉強をする必要がありますが、教材の中に

  • ペーパードリップ器具
  • サイフォン
  • ティーポッド
  • 豆・茶葉等プロ厳選のアイテム

が付いてくるので、自分で備品を購入するのが面倒な人にピッタリです。

日本スペシャルティコーヒー協会のコーヒーマイスター養成講座

コーヒー好き、コーヒーマニアの中でも有名な「日本スペシャルティコーヒー協会」では「コーヒーマイスター」という資格がとれる養成講座を受けられます。

他の通信講座と違い、コーヒーに特化した団体が作っている通信講座なのでコーヒーの歴史や産業、技術的な部分までしっかり勉強できます。

https://twitter.com/CAFEUSE/status/1322802902188974081

人気の講座なので、なかなか空きが出ないのも特徴です。

資格試験の合格率は8割と高いのですが、試験自体は3時間ほどかかるので、その点は覚悟が必要です。

また、カフェや飲食店の経営などについては学べないので、開業を視野に入れて勉強したいなら経営学は独学で勉強する必要があります。

しかし、コーヒーマイスター資格は、日本で初めてのコーヒーの資格ということもあり、認知度が高く資格を持っているだけで周りの反応が変わります。

コーヒーについて徹底的に学びたい人は、検討をする価値は十分にあります。

ハッピーチャレンジゼミのコーヒーコーディネイターは焙煎やエスプレッソについても詳しくなれる資格

通信講座ハッピーチャレンジゼミでは、「コーヒーコーディネイター」という資格を取得できます。

基礎知識はもちろん、エスプレッソやスイーツやサンドイッチの作り方やコーヒーと健康、カフェの経営についてなど幅広く学べます。

 

カフェを経営しているので、「コーヒーコーディネーター」の資格を取ることで、お客様への信頼につながると思い受講し、資格を取得できました。

引用:ハッピーチャレンジゼミ

コーヒーコーディネーターも初心者から学べる講座ですが、内容が幅広いため開業したい人、飲食店で働いている人などにおすすめです。

学習目安期間も9カ月とボリュームたっぷりの内容ですが、そのぶん知識を深めることができます。

教材に世界トップレベルの農園で作ったコーヒー豆が付いてくるのも特徴です。

コーヒーの通信講座で資格を取ったら活躍できる場所

ここまでご紹介してきたコーヒーの資格を取ると、飲食店をはじめ企業でも重宝される場合があります。

資格を取った人が活躍できるのは、例えば以下のような仕事です。

  • カフェオーナーやカフェスタッフ
  • バリスタ
  • コーヒー企業の社員

詳しく確認してみましょう。

カフェオーナーやカフェスタッフ

やはり一番活躍できるのはカフェでの仕事です。

自分で開業してカフェオーナーとしてはもちろん、カフェスタッフとしても資格を持っている人が優遇されることも多くあります。

とくに、コーヒーを売りにしているカフェですと、採用されやすかったり給与に資格手当が付く場合もあります。

ナミ
ナミ
カフェ以外にもコーヒー豆専門店などで活躍している資格取得者も多いです。

バリスタ

バリスタとして活躍している人も多くいます。

バリスタとは、コーヒー専門店、バーなどの飲食店でサービスをする人のことです。

日本では特にコーヒーに関する技術を持っている人、という意味でバリスタを名乗る人も多くいます。

ご紹介したようなコーヒーの資格を持っていると、お店によっては専門的なコーヒーのサービスができることがあります。

コーヒーを仕事にしたい人にとっては、あこがれの職業の1つですね。

コーヒー企業の社員

資格取得者の中には、コーヒーの器具を作ったり、業務用のコーヒー豆を製造する企業の社員として転職した人もいます。

資格があると、今までのコーヒーとは関わりのない仕事をしていてもコーヒーを取り扱う企業で有利になります。

開業したり飲食店で働くのは事情があって難しい、と考えている人でも企業の一員として好きなコーヒーに関わるのもいいですね。

ナミ
ナミ
資格を取得することでコーヒーの知識や思い入れをアピールすることができます。

コーヒーの通信講座に向いている人を口コミから分析

コーヒーの通信講座の口コミを多く見ていると中には挫折してしまった人もいました。

分析してみるとコーヒーに資格を通信講座取るなら以下のような人が向いています。

  • コーヒーが好きで知識や技術を向上させたい人
  • 目的がある程度はっきりしている人
  • 自信を持ちたい人

当たり前のようですが、この3点は大切です。

コーヒーが好きな人はたくさんいますが、資格を取得するとなると知識も技術も両方勉強しなくてはいけません。

技術は高めたいけど歴史とかは勉強したくない、という人なら資格を取るより雑誌や書籍で勉強するほうが無駄がないでしょう。

また、趣味の延長で勉強するのか、将来をある程度見据えて勉強するかをある程度判断してから通信講座を受講するのも大切です。

講座によって趣味向きか、仕事向きかが分かるからです。

もちろん、趣味のつもりで勉強をしていたら仕事にしたくなった、逆に、開業するつもりで勉強していたけど趣味のままでいいやと思った、というのは構いません。

ただ、開始時は、仕事寄りか趣味寄りかをある程度決めておかないと

「カフェの開業や運営については全然学べなかった。」

「レシピなどは必要なかった。」

などと、不満が募る可能性がああります。

ナミ
ナミ
せっかくお金を出して学ぶので後悔したくないですよね。

コーヒーの資格が取れる通信講座は口コミを見ながら自分に合った講座を決めよう

内容を簡単にまとめます。

  • 通信講座ごとに取得できる資格が違う
  • 趣味を深めたいか将来仕事をするまで考えるかによって取得すべき資格が違う
  • 資格取得後は開業したり、飲食店や企業で働く人もいる

コーヒーの資格は、持っている人も少ないので希少性が高く、仕事で活かしている人もたくさんいます。

趣味としても、極めれば一生モノの知識になるでしょう。

今後、コーヒーの資格を持つ人が増えれば、競争率も高くなり資格試験も厳しくなる恐れがあります。

コーヒーの資格に興味がある人は、今のうちに取得しておいた方がお得です。

忙しい人でも勉強しやすく、仕事にも趣味にも生かせるのが「ラーキャリ」の通信講座です。

特に将来開業を考えている人は、値段は変わらないので「コーヒー&マネージメント講座」を受講することをおすすめします。

好きなことを極める楽しさを、ぜひ味わって下さいね。

\自宅で受験できる/

ラーキャリの講座を詳しく見る



こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です